つらつら、つら

ぼーっとしてると言われるのでそのぼーっとを文字にしてみようと。たぶんそんな内容。

幼稚園見学:あざみ野白ゆり幼稚園

六月ももうじき終わりますね。

六月に入ってから新たに始めたことがあります。

 

幼稚園見学です。

 

どこの幼稚園もだいたい、六月ごろに見学会がスタート、十月ごろに願書を受け取るといったような流れになるかと思います。

 

ついにスタートしました、見学会。

 

そして、二つ目で行ったタイトルの幼稚園。もうここで決めちゃおうかなと。

もう一つ、一番初めに、美しの森幼稚園も見たのですが……比較した結果、あざみ野白ゆりになりそうです。

 

以下、自分用のまとめメモ。

 

あざみ野白ゆり幼稚園

 

メリット

  1. 遊具が大きくて立派、遊園地みたい
  2. 室内遊具も充実している。家と公園じゃとてもこんなすごいものが出せない
  3. 園庭が広い
  4. 園内で作る給食がある
  5. 園バスがある
  6. お勉強しすぎていない
  7. 預かり保育など働くママへの対応がしっかりしている
  8. 預かり保育中に習い事へ連れってくれるOR先生が幼稚園に来てくれる
  9. 園内外の行事が多い
  10. 四年保育がある

デメリット

  1. 人数がかなり多い
  2. 費用が少しいくらか高め
  3. 先生で茶髪の先生もいる

と書きましたが……

 

デメリットは、人によってはそこまでデメリットではないかと。わたしはデメリットではないと考えたので、あざみ野白ゆりにほぼほぼ決めました。

 

園長先生がおっしゃっていたことで、うちはお勉強系では決してない。とりあえずなんでもやらせてみることにしているから、英語もプログラミングも、音楽も、なんでもやってみる。でも、決して勉強に特化していない。

それは、生きていく上で学力がすべてではないからだ。

そして、うちの園は、人数が多い。

でも、だからこそ、できることがあると思っている。

 

人が生きていくうえで一番大切になるのは、学力でも運動神経でもなくて、コミュニケーション力だ。人と人とが繋がっていく社会で将来は生きていかないとならないのだから、どんな人とでもコミュニケーションをとれるように、と思っている、と。

 

まあ、その通りだな、と思いました。

 

人数が多いことを起因するトラブルは、あらかじめ回避できるようなるべく手立てが講じられていると感じたし、(園バスの登校時間を分けたり、運動会は二日間用意したり)(けがが起きた場合にすぐ対処できるよう、看護師在中とか)茶髪の先生は、茶髪だったけれど、特に嫌悪感を抱くほどけばい、というわけではなかったし。むしろ、若々しくて、元気が良いお姉さんで、わたしは子どもたちとたくさん一緒に遊んでくれそう、体力ありそう、と見えて印象OK。

 

お金も、確かに高めではある、が、これだけやってくれるのだから、まあ、こんなもんだろう、と。納得。

 

そして太字にしちゃったけど。

なんといっても四年保育……!

来年から週五日で幼稚園に通ってくれるなんて。夢のようだ。

日中は下の子のふっちゃんだけになるなんて。

 

はあああああ(*'ω'*)

 

魔の二歳児。上の子は今まさにそう。

 

そして、お母さんと一緒じゃなきゃ無理! おかーさーん!という人見知りタイプでもなく、興味がある方向はどんどん、ガンガンいく。から、自分の手の内だけで彼を満足させることに最近限界を感じていたのだ。

 

もっと広い世界で新しいことに出会いたいんだろうな、と。

 

家の中と公園じゃ、もうつまらない、そんなふうな声が、言葉ではなく、彼の行動と泣きとでしょっちゅう伝わってきていた。

 

来年四月から、思う存分、お友達と遊んで、先生と遊んで、新しいことをたくさんたくさん、経験してきてほしい。